切手を木にしよう「Stamp To Tree」プロジェクト。参加無料。お手元に届いている手紙・封筒に貼ってある切手を捨てる前に!切手を集めて、森林再生活動を始めませんか?

現在の切手回収枚数 29,502枚 (2013年12月時点)


お知らせ

2014/01/01 2013年の回収枚数 17,845枚 ご協力ありがとうございました。
2012/12/01 2012年11月の回収枚数 215枚 ご協力ありがとうございました。
2012/11/01 2012年10月の回収枚数 457枚 ご協力ありがとうございました。
2012/10/01 2012年9月の回収枚数 2,741枚 ご協力ありがとうございました。
2012/09/01 2012年8月の回収枚数 2,154枚 ご協力ありがとうございました。
2012/08/01 2012年7月の回収枚数 268枚 ご協力ありがとうございました。
2012/07/01 2012年6月の回収枚数 641枚 ご協力ありがとうございました。
2012/06/01 2012年5月の回収枚数 437枚 ご協力ありがとうございました。
2012/05/01 2012年4月の回収枚数 2,460枚 ご協力ありがとうございました。
2012/04/01 2012年3月の回収枚数 2,284枚 ご協力ありがとうございました。
2012/02/15 「Stamp To Tree」プロジェクトのサイトがオープンしました。


「Stamp To Tree」の流れ

「Stamp To Tree」の流れ。切手回収:お集めいただき、ツバルの森へお送りください。法人・団体・個人でも参加可能です。事務局までの送料は各自ご負担ください。売却益を森林再生へ:切手1枚で、約4cm2分の森林再生となります。(おおよそ切手1枚分の広さ)ご参加者に森林再生証明書を送付:10,000枚以上ご送付いただいた場合、森林再生証明書を贈呈します。


ツバルと切手の関係

弊社・ツバルの森の社名の由来であるツバル国は、狭い国土しかなく、目立った産業のない島国で、切手の発行は外貨獲得の手段の一つとして始まり、またそのユニークなデザイン性の高い切手は世界中の切手愛好家達の注目を集めています。

この「Stamp To Tree」プログラムは、ツバルと切手の関係をモチーフに運営しています。

ツバルのマップ


切手の切り方のポイント

切手の切り方

1.しわやシミのない切手をお選びください。
2.切手の貼られている封筒またはハガキごと切ってください。
 ※切手の周り5mmから1cmほどの余白を残してください。
3.消印がはっきりしている場合は、消印も残るように切ってください。

せっかく集めていただいた高価の可能性のある切手も、
切り方ひとつでダメになったりしますので、気を付けてお切りください。


プロジェクト概要・プロジェクト概要・切手ご送付時 ご記入シート

本プロジェクトの概要を印刷して、ご覧いただけます切手送付時にご同封いただく「ご記入シート」もあります。

【印刷用】プロジェクト概要・プロジェクト概要・切手ご送付時 ご記入シートpdf(A4、1枚)


切手送付先・お問い合わせ先

集めていただきました切手は、下の事務局宛にお送りください。

「切手ご送付時 ご記入シート」を印刷し、必要必要事項をご記入の上、ご同封ください。「切手ご送付時 ご記入シート」が無い場合は、「同封の切手枚数(おおよそで構いません)」「お名前」「郵便・住所」「お電話番号」(団体の場合は、「団体名」「部署名」)をメモ等にご明記し、同封ください。
事務局までの送料はご負担ください。

ツバルの森

株式会社ツバルの森
  「Stamp To Tree」事務局

〒106-0031 東京都港区西麻布2-24-2 KREI ビル

電話:03-5704-5908(受付時間 平日 10:00~17:00 )
FAX:03-6862-9803( 24時間受け付け )
メール:

※「切手ご送付時 ご記入シート」を印刷し、必要必要事項をご記入の上、ご同封ください。
※「切手ご送付時 ご記入シート」が無い場合は、メモ等に「同封の切手枚数(おおよそで構いません)」「お名前」「郵便・住所」「お電話番号」(団体の場合は、「団体名」「部署名」)をご明記し、同封ください。
※事務局までの送料はご負担ください。


リンクツール

このプロジェクトに賛同して頂ける方は、どなたでもリンクバナーをお貼りいただけます。テキストリンクも、もちろん大歓迎です!どなたでもご自由に、ご自分のサイト内に当サイトへのリンクを作成して頂けます。リンクの際のご報告は、必要ありません。

・リンク
切手を木にしよう「Stamp To Tree」プロジェクト

・メール文面等




P R


企画・運営:株式会社ツバルの森